FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進捗&野球

ご無沙汰しております。

春の異動やPCのクラッシュetc.でバタバタしており、HPを更新できずにいました。
誠に申し訳ありません。
一応新作は書き進めていますので、気長にお待ちいただければ、と思います。

新作の穴埋め、というわけではありませんが、野球の話題など。
混セ、などとも言われていますがその「主犯格」とも言える巨人についてです。

昨シーズンも貧打に喘ぎ、シーズン・オフのコーチ人事刷新に期待したのですが、
村田コーチのヘッド昇格など、「お友達人事」は一層酷く・・・

そんなこともあり、今シーズンは余り期待しないでいたのですが、蓋を開けてみれば本当に酷い状況になっています。
チームの低迷の要因として、「貧打」が良くあげられていますが、それは「調子が悪いから」なのでしょうか?

giants4.jpg
これは、スポニチに掲載されている開幕登録選手の情報をベースに作成したものです。
これを見ると、ここ数年間、巨人というチームが如何に育成ができていないかがわかります。

野手に関しては悲惨そのもので、
主軸の選手は高齢化し、あとは他球団からの移籍や外国人で穴埋めをしているだけ。
活躍が話題になる、立岡、堂上、吉川あたりは他球団が育成をあきらめた選手で、
それも継続して活躍している、とは言えません。

一方、生え抜きの橋本や大田は一時活躍するものの、一軍定着には程遠い状態。
扱いは他球団からの移籍組と同じで、一軍と二軍を行ったりきたりしています。

この辺を見ると、「貧打」は「調子」ではなく、チームそのものが弱体化していることがわかります。

投手は一見して野手よりもマシに見えますが、内海、大竹、杉内がいなくなり、
その穴を、新規入団のマイコラス、ポレダ、高木勇が埋めているだけです。
マイコラス 8勝3敗
ポレダ 6勝5敗
高木勇 7勝7敗
この成績を見ると、この3人がいなければブッチギリの最下位でもおかしくない状態。

救援陣も西村の代役を澤村がしているだけで、マシソン、山口が勤続疲労で劣化、
宮國や高木京で代用・・・とも言い難い状態です。
(そもそも宮國は先発で育てないの?)
澤村も今は「調子が良い西村」ですが、相変わらずのノーコン振りを見ると、
遅くとも3、4年以内には「今の西村」と全く同じ状態になると思われます。

原監督は確かに「名将」ではあると思いますが、良く言えば「やりくり上手」、
悪く言えば「使い潰し型」の監督なんでしょうね。

今シーズンがどのような結果に終わるかはわかりませんが、
チームの今後を考えると、原監督には勇退いただいて、
コーチ陣もほぼ総入れ替えのうえ、育成型の監督に就任していただきたいと思います。
まあ、あんまり期待はしていませんが・・・
スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

riemannbrother

Author:riemannbrother

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。